ETCカードは別の車でも利用可能!ETCカードを使いまわす時の注意点もあり!

ETCカードを別の車で使いたい! ETC

節約効果を高める上では、高速道路におけるETCカードの利用は必須ですよね。高速道路を普段使いしている方であれば、大きく割引を享受できていることでしょう。

ところで人によっては、利用する車両が一台だけとは限りません。

自家用車だけでも数台所有している方や、会社の車を利用する方、はたまたレンタカーも含めて利用する方など様々なパターンが想定されます。

このような場合、ETCカードは別の車でも利用することができるのでしょうか。そこで当記事では、

  • ETCカードを別の車でも使えるのか?
  • 注意点は?

というテーマでお話を進めていきたいと思います。

ETCカードを別の車で利用する方法

結論から言うと、ETCカードは別の車でも利用することができます。

ETCカード一枚で、複数の車両においてもETCレーンを通過することができるということですね。

ETC車載器はそれぞれの車両で1台用意するのが原則ですが、ETCカードは一枚だけでいいというのが便利なポイントです。ETCカードを一枚発行するだけでも、それなりに手間がかかってしまいますからね。

以下、ETCカードを別の車で利用する方法について解説していきましょう。

ETC車載器さえセットアップされていれば、特に手続きは必要ない

ETCカードを別の車で利用する方法ですが、実はこれといって特別な手続きを踏む必要はありません。

条件はただ一つ。

利用しようとする車両に、きちんとETC車載器がセットアップされていることです。この点さえ満たしていれば、ETCレーンを問題なく通行することができますよ。

利用履歴はETCカードの方に記録される

ETCレーンを通過した際の利用履歴は、ETC車載器の方ではなく、ETCカード側に記録されるようになっています。これが、別の車でETCカードを利用しても問題が生じない理由と言えます。

もちろん、ETCカードを利用した分の請求は、ETCカードの所有者に来ることになるため、友人や家族の車を借りた上で、自身のETCカードを使用してもややこしくなりません。

社用車やレンタカーでも利用可能

ここまで、「別の車」という表現をしてきていますが、これには社用車やレンタカーなども含まれます。

どのような車両であれ、ETC車載器が正しくセットアップされていれば、ETCカードは問題なく利用できるということです。

また、前述の通り、利用分の請求はあくまでもETCカードの所有者にいくため、料金に関して細かく考える必要もありません。

ちなみに、軽自動車、普通車、大型車などの車種の違いに関しても気にしなくてOKです。ETCレーンにおける車種の判別は、各車両に搭載されているETC車載器に登録されている情報をもとに行われるためです。

大型のトラックや軽自動車等は高速道路の料金が変わってくる場合がありますが、車載器に車両情報が登録されている為、ETCカードは使いまわしで問題がありません。

したがって、同じETCカードを利用したとしても、軽自動車の場合は軽自動車の料金が、普通車の場合は普通車の料金が正しく請求されるというわけですね。

ETCカードを別の車で利用する際の注意点

最後に、ETCカードを別の車で利用する際の注意点をまとめておきたいと思います。

ここで紹介しておきたい注意点は以下の通りです。

  • 入口と出口では同じETCカードを使用する
  • ETC車載器が正しくセットアップされているかを確認する
  • ETC車載器の使い回しはNG
  • 法人用のETCカードは、個人の車では使えない

早速、それぞれの詳細を確認していきましょう。

入口と出口で必ず同じETCカードを使用する

グループで出かける際には、「行きの料金は私が払うから、帰りの料金はあなたが払ってね」といった話になり、1台の車両に対し、複数のETCカードを使用するケースが生じるかもしれません。

これに関しては特に問題はありませんが、一点だけ注意すべきことがあります。

それは、入口と出口においては必ず、同じETCカードを利用するということ。

というのは、仮に出口で用いるETCカードが、入口で使用したETCカードと異なっていた場合、入口情報を認識することができず、開閉バーが開かないためです。

行きと帰りでそれぞれのETCカードを利用するのは問題ありませんが、入り口と出口は必ず同じカードを利用してください。

最悪の場合、開くと思っていたバーに衝突し、後続車両をも巻き込む事故に発展しかねません。

したがって、入口と出口では必ず同じETCカードを利用するということを肝に命じておきましょう。

ETC車載器が正しくセットアップされているかを確認する

いくらETCカードが複数の車両で利用できるからといって、ETC車載器が正しく搭載されていなければ、ETCカードはその意味をなしません。

ETCレーンを利用するためには、ETC車載器の搭載を避けて通ることはできないと認識しておきましょう。

ちなみにセットアップとは、車両情報を登録することを指します。

セットアップに伴う作業は、ETC車載器を取り扱っている店舗で行なってもらえます。

自家用車や家族から借りる車両にまだETC車載器が搭載されていない場合については、必ずETC車載器を搭載してから、ETCレーンを利用するようにしましょう。

ETC車載器の使い回しはNG

ETC車載器は別の車で使うのはNG

ETC車載器は車両情報が違う可能性がある為、使い回しNG

当然ながら、ETC車載器の購入やセットアップには相応の費用がかかります。

安く抑えれば10,000円程度で済みますが、それでもできるだけコストを抑えたいからといって、ETC車載器の使い回しを考える方もいるかもしれません。

ところがこれに関しては、ETC車載器の利用ルールから逸脱してしまうのでやめましょう。仮にETC車載器を他の車両に移すにしても、再度ETC車載器のセットアップ作業を行う必要があります。

それもそのはずですね。ETC車載器は、その車両の情報を登録しておくものなのですから。

法人用のETCカードは個人の車では使えない

ETC法人カードは他の車で利用するのはNG

ETC法人カードは個人の車で使えない!

確かに通常のETCカードであれば、ETC車載器が正しく搭載されている場合に限り、ありとあらゆる車両で利用することができ、複数のETCカードを発行する必要がありません。

ただし、法人用のETCカードの場合は話が別です。

ETC法人カードは、法人や個人事業主に向けて発行されるカードで、デポジットやランニングコストを負担する代わりに、審査なしで作成できるというメリットがあります。

このETC法人カードはその名の通り、あくまでも法人や個人事業主用のETCカードとされているため、個人の車で使用することはできません。

もっと言えば、ETC法人カードは、1台の車両に対して発行されるという性質です。

つまり、個人の車で利用できないのはもちろんのこと、レンタカーやリース車両、他の社用車などにおいても使うことができないのです。

たとえ同じ会社内の車両であっても、利用する車両の数だけ、ETC法人カードを作成する必要があるということですね。

この点は、クレジットカードからの紐付けで作成するETCカードと比べると、大きく遅れを取ってしまうポイントとなります。

ちょっとくらいバレないだろう。

と考えてこっそり利用する方もいるかもしれませんが、ETC法人カードにはしっかりと車両ナンバーが登録されており、その車両以外で利用すると、車両不一致で規約違反となってしまいます。

最大1年間の頻度割引停止措置や利用停止措置に加え、最悪の場合、企業で契約している全車両分のETC法人カードが利用停止になってしまうペナルティもあるので注意が必要ですよ。

ETCカードを別の車で利用する方法まとめ

ETC車載器は他の車両に流用することはできませんが、ETCカードは一枚でも様々な車両を利用することができます。

ETC車載器さえ正しくセットアップされている車両であれば、特に手続きをすることなく、手持ちのETCカードを使うことが可能です。

ただし、ETC法人カードについては、登録されている車両に対してしか使うことができない仕様となっています。

万が一、ルールを破って他の車両でETC法人カードを利用した場合、会社全体での利用停止を含む様々なペナルティを課される可能性があります。

ぜひ、本記事を改めて振り返っていただき、ETCカードやETC車載器は定められたルールに従って、正しく利用していってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました